お金を借りるという事

学生時代って本当にお金がなかなかたまりません。

 

勉強するとなると授業料もですが、参考書も買わなければいけませんし、友達と旅行も春、夏、秋、冬とありますし、サークルの飲み会だってわりと毎週あったりして大変です。さすがに、親からお金を借りるのは気が引けるので、ちょっとお金が足りないというときは、消費者金融でお金を借りていたことがあります。

 

そのころは、まだ知識がなかったので即日お金を借りようと思っていたこともありました。最近になって、ようやくお金を計画的に使うという事を覚えてきたところです。会社に就職してからお金の大切さを身に染みているので、節約しながら、緊急の出費があるときだけキャッシングをするようにしています。

 

お金を借りることが悪いと思ってる人もいますが、私はそうは思いません。お金は、うまく使えば自分の生活を豊かにしてくれます。時間を短縮するためにお金を払うことだってあります。たとえば、高速道路やタクシーなんかは良い例ですね。

 

以前は、消費者金融やキャッシングというとちょっとグレーなイメージがありましたが、最近では、クリーンなイメージも定着してきてお金に対する価値観というのも昔と違って大分変ったと思います。

 

法律も改正されましたし、誰でもお金について抵抗なく借りることができる世の中になってきていると思います。

 

ローンのお金 いつ借りれる?

お金というものは、不思議なもので必要ないと思った時には、そうありがたみを感じません。

 

学生のころは、お金はバイトして汗水たらして稼ぐというものが当たり前でしたが、大人になると毎月給料が入ってくるので

 

それほどお金に不自由するということがなくなります。

 

ただ、家族を養っている場合は、別です。家計をやりくりするのは大変で子供がいる場合は、お金の大切さを身に染みる事でしょう。

 

20万稼いでも、30万使ってしまっては家計も火の車になってしまいます。

 

もしもの時には、キャッシングなども有効な手段の一つになります。

 

困った時にいつでもお金を引き出せるというと言い過ぎかもしれませんが、そのくらい便利なものです。

 

ただ計画的に使わないと、自転車操業になってしまい、お金を返すことが困難になりますのでそこは注意しましょう。