4社の借り入れをカードローンで乗り換え

社会人になって1年目の夏にサイドビジネスをはじめることになりました。

 

化粧品を扱っている会社の販売員のようなものになり、お客様に化粧品を売るというものです。

 

しかし、はじめるにあたって、自分が使う分とお客様にお試しでエステをする分のセットを購入しなければいけません。

 

そのために十数万円という大金を用意しなければいけませんでした。

 

最初は、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入することになりました。

 

成功をするための出費だと最初は思っていました。

 

すぐに取り返すという気持ちでいましたが、その後もタイトルを維持するために多額の金額を必要としました。

 


貯金が尽きたときにとった行動は、消費者金融の利用でした。

 

最初の借り入れのときは、翌月に返済をすると決めていました。

 

しかし、人生はうまくはいかずに翌月の返済が出来ませんでした。

 

借り入れがどんどんと増えていって、サイドビジネスを辞めるときには4社から合計で200万円の借り入れでした。

 

月々の返済すらできないので、金利が安いカードローンを利用することにしたのです。

 

こうして、4社の借り入れを1社で借り換えを行いました。

 

他の会社に比べて金利が安いので、返済の金額が少なくてすみます。

 

さらに、毎月4回返済を行っていたのが、1回でよくなったのです。

 

これは、精神的にも金銭的にも負担が軽減したので嬉しかったです。

 

今でもアルバイトをしながら、地道に返済を続けています。
来年には完済ができます。

 

借り換えを効率的に行いましょう

 

カードローンの借り換えを行う際にはいろいろな条件があり、一概に利息の安い会社に乗り換えるだけが得策とは言えません。

 

私は今、複数の会社から借入枠を持っている状態なのですが、その多くが借入期間から一定範囲内は無利息であるという期間が存在します。

 

このことを利用すると非常に有意義に返済を行うことができるのです。

 

例えば2社が借り入れから1週間は無利息であるという場合は1週間ごとに借入残高を互いの会社に移動させていけば無利息である期間が続いていくので、結果として自分は無利息の状態で返済を行うことができます。

特にこの場合、借り入れの残高が100万円、200万円といった場合には月の利息だけで万単位のお金を払わなければいけません。

 

私も含めて、仕事をしている方にとっては自分から出て行く金額は出来るだけ少なくしたいはずです。

 

そういったことを考えると、一概に借り換えといってもほかの会社に移動させて終わりというだけではなく、他に好条件の会社が見つかったので別の会社に乗り換えるということも考えたほうが自分にとってより有利な条件で借り入れを行うことができることでしょう。

 

私はずいぶん前からこの方法を実践して行っているのですが、一般的な返済期間の約半分の期間で完済を行うことができるので非常に満足のいく方法だと思っています。

 

こういったメリットを日々見つけるためにテレビやインターネットで興味ある事柄が出てきたら迷わず調べるようにしています。

 

比較して分かるカードローンの借り換え

 

消費者金融などでお金を借りれば金利が生じます。
もしそのお金を借りている期間が長ければ長いほど高い金利を払い続けることとなるので、そういった事にならない為にも早期完済をすることが大切です。

 

そうは分かっていても毎月の事ですから中々思うように返済をすることは大変ですし、時には利息分しか返せないでいることもあるかもしれませんよね。
もし利息分しか返せていない人がいるのであれば、注意して欲しいことがあるそうです。

 

私は数年前に消費者金融から借り入れしたお金を、まだ返済できずにいました。

 

当時はお金を借りることだけしか頭になくて、年にどれだけの金利となるかといった大事な情報を知ろうとせず借り入れをしてしまったのです。

 

それは何百万といった金額ではなかったのですが、毎月コツコツ返していってもあまり元金に充当されていない気がしていましたし、だんだんと不安になってきたので、返済のコツというものを調べてみることにしました。
ネットで調べて初めて知ったのですが、現在契約しているカードローン会社では金利がかなり高いということが判明し、それを借り換えということで違う会社と契約すれば今のところより断然早く返済が完了すると分かったのです。

 

その情報を知った時は、今まで払わなくていいお金を払っていたのかという事態にショックを受けましたが、ずっと知らないままだったらと思うとぞっとしました。

 

全て同じかのように思っていると私みたいに損をするので、金利率を比較することはとても大切なポイントになりますよ。