カードローンの借り換えも心を引き締める

ローン返済のために、新たに新しいカードローンで借り換えを検討しているのであれば、デメリットも把握しておくことをオススメします。
複数の金融会社から借りているローの返済が完了することで、一瞬安心感に包まれる時期があります。
ここが2つの道の分かれどころでもあるのです。

 

カードローンの借り換えも心を引き締める
私は、ここで1回失敗しているので、今は気を引き締めています。
安心感から、新たにカードローンでの借り入れをしてしまう割合も、少なくはないということです。
もうひとつの道は、安心しても、それ以上借り入れはしないということです。
意外と、安心して気が大きくなり、借り入れが膨らんでしまうケースはあるのです。
私も同様で、限度額まで使ってしまった経験があります。

 

負担が大きくなってしまい、将来のためにと毎月引き落としで貯めていた、大きな金額の定期を崩して返済に充てました。
おかげで貯金は無くなりましたが、大きなカードローンの返済も終了です。
ここが最初の分かれ道なので、できたら信頼できる人に相談して、行動するのが望ましいと思います。
ひとりでは誘惑に負けてしまうかもしれませんが、信頼できる人がいれば、愛情を持ってセーブをかけてくれます。
借り換えは、一時返済の負担を軽くしてくれます。
でも、原本が減ってくれるわけではないのです。

 

私もお世話になったので、上手に利用する分には賛成です。
大事なのは、借り換えをした、その後なんですね。
上手に利用して、返済計画を立てることが大切だと感じます。

 

カードローンの借り換えをしたら返済しやすくなった

 

カードローンの借り換えも心を引き締める
消費者金融の2社からお金の借り入れをしていた時にまだグレーゾーンの利子ある時代でした。
2社ではあったのですが、元金に返済する額よりも実は利子に返済する額が大きくて大変に感じていた時代があったのです。
そしてこの2社は返済期日もバラバラだったので、一度うっかり返済日を忘れてしまってさらに利子を多く取られた事もあり、その事でも悩んでいました。
そこで、カードローンの借り換えキャンペーンを行っているのを、インターネットの広告でみました。
もしかしたら、まとめて返済をした方が自分の毎月の返済額は安くなるかもしれないと感じるようになっていたのです。
審査に通りまとめられるかは不安でしたが、その頃は正社員でボーナスもあるしっかりとした会社に勤めていたので、やってみる事にしました。
会社まで行き担当者の話を聞きました。

 

そこで今消費者金融2社から借り入れがあり、その借金をまとめたい事を伝えました。
すると、その場で申込書を渡して貰う事ができたので、相談をしたその日のうちに申し込みをして審査を通してもらいました。
無事結果が出てカードローンの借り換えができる事が分かったのです。
そこから消費者金融2社にはすぐにその額で返済を行い、借り換えをした会社に返済するようになりました。
利子も思った通り安くなり、返済期日も1日にまとまったので忘れる事なく分かりやすくなりました。
ボーナスが入った時には、すべてを入れて返済も思ったより早めに完済でき良かったです。

 

カードローンの借り換えで月の負担を減らそう

 

ついついカードローンを使いすぎてしまった、複数枚社のローンの返済が厳しい、早く返済を終わらせたい、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私もその一人です。
ついつい使いすぎ、毎月の返済が厳しくなってきました。
そこで利用したのが借り換えです。
私はまず第一に、より利率の低いカード会社に変更しました。
利率が下がればそれだけ利息も少なく済み、返済を早めることができます。
そして複数社のカードローンを一つに会社に借り換えを行いました。
複数のカード会社の返済が厳しい、そんなときに一社にまとめることで返済を軽くするメリットがあります。
また返済窓口が一本化されることにより、返済忘れを防ぐことができ、借入額が合算され利率が下がったことにより、総返済額が大きく圧縮されました。
このようなサービスを行っている会社はたくさんありますが、銀行系は審査が厳しく、消費者金融系は比較的審査が緩いです。
自分の信用情報を加味したうえで、選ぶとよいでしょう。

 

カードローンの借り換えも心を引き締める
また、最近はインターネット上で、返済シミュレーションを行うことが出来るサイトも増えてきているので、事前にどれだけ返済額が圧縮されるか確認することもできるようになっています。
もちろんカードローンは使いすぎない上手に利用することが大事です。
しかし、私のようにちょっと借りすぎてしまった、返済が厳しくなってきたというときに、借り換えを行って、月々の返済を減らし、総返済額も減らせたことで毎月の生活に余裕が戻りました。